2018年02月13日

骨盤矯正とダイエット


 こんはんは。
今日も一日お疲れ様です。
私は今日は子どもの体調不良のためお仕事をお休みさせていただいたのですが、
子どもが寝ている間に、家事を済ませたり、
Blogを書いたり、いつもより多めに運動もしました。
 今一番頑張っているのはプランクという運動。
体幹トレーニングの1つです。
少しは慣れてきたけど、まだ“初心者・体力のない人向け”でやっています(^^;
これを始めたのはインナーマッスルを鍛えたいから

 さて、少し話は長くなりますが、
タイトルにも書いた“骨盤矯正”
今、骨盤矯正のために整骨院へ行く準備として貯金をしています。
(コースにもよりますが、結構金額掛かります。)
私が昨年再就職した理由の1つは
“整骨院に通いたかったから”です。
 
 産後に酷い腰痛を感じ整形外科に通いましたが特に変化もなく、
「何も変わらないのにお金だけかかる」と主人から言われ通院をやめました。
 そして去年3月に再び酷い腰痛に悩み、
“産後の骨盤矯正は早いほうがいいって聞くのに、もう産んでから1年も経ってる(^^;”
という焦りや
“このまま一生悩むの? 朝起き上がるのも辛いのに”
という不安から、整骨院をネット検索しました。

 そこで初回1500円の整骨院を見つけて行ってみました。
骨盤が23度も前傾し、常にハイヒールを履いているような状態であること。
このまま放置するとヘルニアになる恐れもあることなどを説明してくださいました。
 施術料金はそれなりに高かったですが、
本当に治したかったので、通院してもよいか主人に相談すると
「高い。ヘルニアになってからの方が保険で診てくれるでしょ。」
とあっさり反対されました。

 それでも行きたかったので、2回目は内職の稼ぎでどうにか行きましたが、
理想的な通院回数は月に8回で5万円弱の料金。
内職で月3万円ほどの収入で通い続けるのは無理でした。
「就職したら来ます!」と言ってからもうすぐ1年。
そろそろパート収入のリズムも出来てきたので、今度こそ通院するため準備をしています。
illust4230.png

 さて、私の話の前置きが長すぎましたが、
私が何故それほどまでして、整骨院に行きたいと思い続けたのか・・・
それは、最初の状態チェックの時に
「骨が歪んでいるままでダイエットするより
骨も筋肉とか臓器とか色んなものを正しい位置にしないとね。
そっちが先ですね。」
と先生に言われたから。

 これをさらに詳しく聞いてみると説明してくださいました。
大事にとっておいたメモを見ながら記事にしていますので
ちょっと変な表現があるかもしれませんが悪しからず(^^;

【身体の歪みが原因で太る理由】
 体に歪みがあると太りやすくなるってかなりショックでした。
その理由はいくつかあって、
まず、骨盤などの骨格が歪んでいると、内臓や血管等が正しい位置にないためバランスが崩れ、
血液やリンパ液の循環が滞りがちになる。

そのせいで、水分や老廃物が排出されにくくなり、下半身が特にむくみやすくなるとのこと。
 次に、身体が歪むと基礎代謝が低下すること。
脂肪を溜めやすくなって、太りやすい体質が作られていく(T△T;;;
内臓があるべき場所にない状態だと、ポッコリお腹にもつながるそう。

 老廃物溜まるし、見た目もポッコリお腹とか
ダイエットして改善したいこと、そのままやん!
そりゃ、先に骨から治さんと!!!!と思いました。


【身体の歪みを治すには?】
 “じゃあ、どうやって治すの?”ですよね(^^)
身体の歪みを治す方法は色々ありましたが、
私の場合は、整骨院通いを諦めてからは運動をしていました。
“体幹トレーニング”をしてインナーマッスルを鍛えると、
体の奥深くの筋肉が、骨の歪みをサポートするように働いてくれる
と教わったからです。
 身体の歪みは、骨格の歪みから来ていることが多いのですが、
筋肉量も歪みに影響することがあるそうです。

 「体幹トレーニング・・・運動は無理!苦手!避けたい!」
という方で、金銭的に大丈夫であれば、
整体院・整骨院でのプロの骨盤矯正がオススメです。
 最初のカウンセリングでご自身の今の身体の状態を調べて頂き、
①どう改善したいのか
(痛みを取りたい、痩せたい等)
どのくらいのペースで通院するか
(通院可能日数や月々の支払い額等)
③鍼灸も使用するかどうか
(使用する場合は医師にサインをもらうこと等)
などを、しっかり打ち合わせして納得できたら通院開始ですね☆

 まだスタートしていない私が言うのは変ですが、
産後すぐのママの方! もし通院をお考えであれば今からGo!
“産後骨盤矯正”のメニューがある整体・整骨院であれば
ベビーベッドやキッズスペースが用意されていることも多く
スタッフの方が看ていて下さるので安心ですよ(^^)
自宅への出張サロンをやっている院もありますよ☆
(※院へ問い合わせてみてくださいね)


【身体の歪みとダイエットの関係】
 上記で述べたような話を友人に話した時
「歪んでるとバランスが悪くて太るのと、
歪みを治すのにトレーニングか整体通いしたらいいのはわかったけど
これって“痩せる”になるの?」
と聞かれました。
 確かに脂肪吸引するわけでもなく、
リンパマッサージで老廃物を流すわけでもないですね。
(※施術メニューはその院へ問い合わせてみてくださいね)

 私の場合は、
「整骨院へ通って、最終的にどう変わりたい(治したい)のか?」というカウンセリングで
“腰痛の改善、O脚の改善、腹部~下半身の肥満改善(痩せたい)”を希望しました。
そこで私用に組まれたメニューは
①整体師さんのマッサージ(柔軟体操に近い感じの内容)
②特殊なベッドで骨の歪みを治す施術(トムソンベッド)
③インナーマッスルを鍛えるマシーン(名前は不明)


 長期的にやっていく内容になるので(私の場合は月8回の通院で4か月)
すぐに痩せた!と感じるものではありませんが、
1回1回なんだか身体が楽になる感じはありました。
私の場合は起き上がるのに5分以上かかっていたのがすっと起きれるようになりました。
  
姿勢がよくなる
  ↓
収縮していた筋肉が伸びる
  ↓
血液やリンパの流れが改善

という具合で身体が良い方向に改善されていくようです。

結果として、
むくみや冷え性などが解消される☆
基礎代謝も上がって脂肪が燃焼しやすくなる☆


・・・ということは・・・
“痩せる”につながるということですね(^^)


 今日は私の身の上話が多く長い記事になってしまいましたが
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 腰痛、O脚、産後太り、骨の歪み・骨盤矯正に悩んでいる方!
独学で体幹トレーニングを始めるもよし!
とりあえず整体・整骨院へ体験で行ってみるもよし!
年齢は若いほうが治りが早いといいます!
今日からはじめませんか?明日は1日年齢が進みます(笑)

※他Blogからの引越中ですので、重複する内容になってきますが、
この先も骨盤矯正のお話をさせて頂くため、こちらにもUpしました。
ご了承ください。



★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪





posted by 水芭蕉 at 17:37| Comment(0) | 骨盤矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

冬こそダイエット!

 こんばんは。
今日も一日お疲れ様です。
(あ・・・昨日になってる(^^;  )


 今日は久々に近所の温泉へ行ってきたのですが、
やはり自宅よりも、身体が芯から温まる感がありますね。
天気は雪ですが、露天風呂から眺めるのもなかなか良いものです。
この季節しか味わえませんからね。

 さて、ダイエットにも
"冬だからこそ"というものはないのでしょうか?
調べてみると色々ありました。
 そして、いつも色々教えてくださる
Mクリニックのドクターやナースお話もUpしますね。


【冬のダイエット効果は?】
 先生に「冬にオススメのダイエットってありますか?」
と率直に聞いてみました。
すると先生から
「"冬は寒さから身を守るために身体が脂肪を蓄えやすい"って聞いたことある?」
と返ってきました。
・・・もしや・・・冬はダイエット効果が薄いのか!?
と思ったのが顔に出たのか、クスっと笑われてしまいました。

「脂肪を蓄えやすくなるっていうのは本当。
でも、それと一緒に体温を上げる働きをするから、
代謝がアップして痩せやすくもなるんよ。」

とのこと。

 調べてみたら、暑い時期に比べ、
基礎代謝カロリーが約10%ほどUPするといわれているそう。
冬のウォーキングもオススメとありました。
外気が寒ければ寒いほど代謝が上がって痩せやすくなる
とは言いますが、風邪など引いては元も子もないので
防寒対策は大事ですね(^^;


【鍋を味方にする】
 冬の方が基礎代謝が上がることはわかりました。
そこで、さらに代謝を上げる食品を上手に摂ることが
オススメということで、
「鍋は良いよ。
手軽に出来るのに色んな食材も摂れるし、
だしを変えたら毎日でも食べれるよね。」

とアドバイスを頂きました。

 汁物・鍋物などの
温かい料理で身体の内側から温めようということですね。
 また、熱い料理でなくても、身体を温める成分を含む食品も効果があるそうです。

 具材も、肉でも魚でもいいですし、
野菜はだいたい何をでも使えるし、
豆腐(大豆製品)も入れれますしね。

 鍋のオススメ具材を見ていたら
根菜類(しょうが、にんにく、だいこん、れんこんなど)
は、体を温める作用があります。
唐辛子のカプサイシンは冷えの改善や
エネルギー代謝を高めてくれます。
とあったので、載せておきますね。


【冬の睡眠時間】
  人間に冬眠はありませんが、
人間の身体は夏よりも冬の方が長く寝るようになっているのだそう。
 これを利用して、睡眠をしっかりとれば、
その間は食べないからカロリーオーバー、しないし、
睡眠中には食欲を抑えるレプチンが分泌されるそうなので
良いこと尽くめかも♪
 睡眠時間を7時間とっている人が一番痩せている傾向にあった
という調査結果も出ているそうなので、
そこも注目してみて良いかもしれません。

【家で出来るオススメの運動】
 代謝UPは魅力的だけど・・・
やっぱり寒い冬に外でウォーキングとかはちょっと・・・
という方は多いと思います。私もそう(^^;
「家で地道にスクワットとかかな?」
と思っていたのですが、
ダイエットDVDがまた復活してきたようですね。
 私も以前(かなり前?)姉と一緒に
ビ●ーズブー●キャ●プなどをやったことがあります。
しかしハードで続きませんでした(× ×)
 今はヨガカーヴィーダンスの他、
馴染みやすいJ-POPに合わせて踊るDVDなども
発売されていて、売れているそうです。
楽しく踊って痩せたら、確かに良いですよね♪
 毎日同じDVDだと飽きて辞めてしまいそう
という方は数枚持っていて、気分で変えているそうです。


 いかがでしたでしょうか?
どれもすぐ出来そうな気がします(^^)

 実はこの記事を書いている間に、一旦書くのを辞めて、
子どもと某教育番組のDVDを観ていたのですが、
体操のお兄さんと一緒に“ブン●ボン”を踊りました。
本気でやると、なかなか疲れました・・・。
これがダイエットDVD効果か!?(笑)


★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪





posted by 水芭蕉 at 00:18| Comment(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

"3食きちんと摂る"って、なぜ?

 こんにちは(^_^)
今日も寒いですね・・・
いつまで寒さは続くのかな?

 さて、先日Upした
“ダイエットとはなんぞや?というお話。
それをもう少し詳しく考えてみます。

 今日は、先生から頂いたアドバイスの1つ
『三食きちんと摂る』について。

 うーん…とりあえず知ってることは、
“朝食を抜く”とか“○○しか食べない”とか
そういうのはダメということでしょうか。
朝食を食べないと活動のスイッチが入らないとか、
栄養が偏るから色々食べるようにするとか、
昔から雑誌のダイエット特集とかでも書いてあって覚えましたね。

 先生がおっしゃったのは、
『一日の摂取カロリーと、
食べるもののバランスを考えること』
でした。

「カロリーオーバーするから朝食を抜くとかは一番良くないね。
食べずに痩せようとすると、基礎代謝も下がるし、
1日2食ってのは体重が減りにくくなるね。
減るどころか肥満になりやすい。」
とのこと。
ちなみに、
私の身長・体重・年齢・1日の活動内容から割り出した
1日の適正カロリーは、2746kcalでした。
これを超えないように気を付けて(少々下回るくらいにして)食事を摂ればよいわけですね。
1509005940648.jpg
 それから、
食事の黄金バランスがあるそうで、
朝昼晩の食事を3:4:3の割合にすることでした。
私だとざっくり朝800kcal昼1000kcal晩800kcal
くらいで食べるのが良いのでしょうか。
量が同じくらいだと、代謝が安定し脂肪燃焼を促進する効果を維持できるそう。

ちなみによく聞く“朝食を抜く”話。
朝食のことだけ調べてみたら、
朝食べることで消費カロリーが減らせる。
朝食は1日のエネルギー源となる重要な食事。
朝食をとることで、頭と身体を目覚めさせる。

とあります。
朝食、大事ですよ!


【三食のポイント】
朝食
少なくてもいいから、とにかく食べる。

昼食
しっかりと、なるべく栄養価の高い食品を食べる。
朝も昼も少量では夜までに空腹になってしまい、間食に走る可能性が(--;

夕食
食べた物が脂肪として蓄積しやすいので、
炭水化物を多く含む食品はなるべく避る。


 どうでしょうか?
ちゃんと肉や魚や野菜を食べなきゃ!
お菓子やお酒はダメだ!

という感じだと何だか辛いですが、
少しカロリーを意識してみる。
オーバーしたら翌日少し減らしてみる。

頑張れそうな気がしませんか(*^^*)


※只今Blog引越中のため、
重複した記事がございますがご了承くださいませ。

★ブログランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっとお願いします♪






posted by 水芭蕉 at 15:21| Comment(0) | ダイエット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク